かくれぬらり

2.5次元の妄想。情報やレポはありません。感想と散文です。

どうしてそんなに覚えているのか問題

 

木村君が初めて中居君に会った時の中居君の服装 「毒蛇みたいだった」

 

吾郎ちゃんが慎吾君に初めて会ったときの慎吾君の服装「オーバーオールで、にこちゃんマークのバッチをつけていた」

 

剛君が光一君と初めて会ったとき光一君の服装「眼鏡で細身のパンツでシャツの優等生みたいな格好」

 

ゴウ君が健君と初めて会った時の健君の服装「紫色の上下のシャカシャカのジャージで頭悪そうだった」

 

 

 

このジャニーズにおける定番の「初めてメンバーと会った時の服装」トークを聞くたびに思う。「どうしてそんなに覚えているのか!?」と。

 

私は友人と初めて会った時の友人の服装なんて、全く覚えていない。

いや、大人になってから出会った人なら少しは覚えているが、ジャニーズの面々は全員中学生くらいに出会っているのだ。男子中学生が他人の服装にことさら興味があるとは思えないし、更に言えば、彼らは「同じグループになる」という前提で出会っている訳ではなく、たくさん居るジュニアの1人として出会っている。そんな彼らがどうしてメンバーと初めて出会った時の服装を細かく覚えているのだろうか…といつも思うのである。

正直ジャニーズに入所する際に、「いつかデビューしたときに必ず聞かれるから、ジュニアと初めて会った時の服装は全員分覚えておけ」と言われているのではないかとすら考えてしまう。

 

まぁ実際はそんなこともなく、全員、単純に印象的だったのだろうなと思う。

 

たくさんいるジュニアの中でも、やはりデビュー組はジュニアの頃からタレント性があったのだろう。特別眼を惹いて、出会いが印象的だったからこそ、こんなにも覚えているのだろうと思う。

 

そして、デビュー後に、何度も思い出したからこそ、記憶が強固になっていった面もあるのだろう。何度もインタビューで聞かれただろうし、自ら思い出すことも多かったんだろう。

 

彼らが「メンバーと初めて出会った時」のことを話すとき、

周りの風景や、色彩まで、くっきりと覚えているであろうことを感じる。

そして、皆、少し幸せそうに、語ってくれる。

 

その瞬間から彼らの人生は変わったのだから、それは大事な思い出なのだろう。いつだって彼らが初めて出会ったときの思い出を聞く度、「運命」を感じてしまうのである。

 

 

 

<おまけ>

 

どうしてそんなに覚えているのか問題に 対して、メンバーと初めて会った時のことを「あまり覚えていない」と言うのが、中居君です。

メンバー愛が強いのに、超覚えていそうなのに。SMAPの全ての曲の振り付けも、思い出も、なんでも覚えているのに、中居君は初対面のメンバーの印象を「覚えていない」と言います。本当なのか嘘なのかはわかりませんが、なんとなく、中居君は本当に覚えていない気がしています。

 

そういうところが「らしい」なと思います。

中居君は、「SMAP」のメンバーが好きで、全身全霊で愛しているから、「SMAP」以前のことは余り覚えていないのだろうなぁと思のです。

SMAPだから」メンバーを愛していて、SMAPではなかった時代のメンバーの事はあまり眼中に無かった、それが冷たい事であるとは思いません。それはそれで、やはり運命だと思うのです。

ちなみに嵐の翔さんもあまりメンバーと初めて会った時のことを覚えていないとテレビで語っているのをみたことがあります。(これは1度だけなので、本当は覚えているのかもしれませんが…)

 

中居君と翔さんは、とても似ていると思っていて、

彼らは飛び抜けたタレント性があって、大将タイプ。

誰にとっても印象的で、「覚えるよりも、覚えられている人」なのだろうなぁと思ったのでした。

 

 

 

 

広告を非表示にする